イラスト 創作

画像制作練習『カットアウト写真とベクター画像化』

投稿日:2016年6月30日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 2 分です。

カットアウト完成

 作曲家のはずが最近やってることがデザイナーとかイラストレーターみたいになってきています、タチやん(@mofday)です。今回はpixabayでダウンロードしてきた女性の顔をカットアウト画像からベクターイメージにするまでをやってみます。

まずは元画像に効果をかける

カットアウト元画像
 元画像はこんな感じなのですが、まずはこれにPhotoshopのカットアウト効果をかけてやります。するともうそれだけでだいぶ完成形に近付きました。ぶっちゃけあとはシェイプレイヤーを使って好みの形になるまで整えてやるだけです。
カットアウトそのまま
 ぼくはところどころ顔の影がギザギザしているのとか、瞳がいまいちパッとしないのが気に食わなかったのでそこも手を加えています。

シェイプレイヤーを使った書き込み

 フリーフォームペンツールでシェイプを描き足すことで顔の影を滑らかにしたり、瞳の虹彩や睫毛を描き足したり髪の毛を単純化させたりしていきます。この時、髪の毛の書き込み具合や顔の影の整え方で立体的になったりのっぺりしたりします。記事トップにも載っていますが再度、完成したものがこちらです。
カットアウト完成
 そしてこちらが描き込んでいるシェイプを表示させてみたスクリーンショットです。あまりやりすぎてもごちゃごちゃしてぼく自身が気に入らなかったのでこれくらいの描き込み具合にしています。
シェイプレイヤー

Illustratorに取り込んでパスを拡張する

 ベクターイメージ素材として使うにはこのままではいけないので、一度Illustratorに取り込んでやる必要があります。画像ファイルを開いたら「写真・高精度」で拡張してやると画像がベクターイメージになるので後はSVGなりAiなりの形式で保存してやればOKです。

こちらに完成したAiファイルをCC0として置いておきます。ご自由にどうぞ。

(まだ評価されていません)
Loading...


-イラスト, 創作
-, , , ,

Copyright© 夕立note. , 2017 AllRights Reserved.