DTM お役立ち 創作 読み物

DTMer/トラックメイカー交流会に行ってきたので、その紹介をしてみるよ。

投稿日:

先日こんな交流会に行ってきましたので、そのご紹介をば。こんにちは、タチやん(@mofday)です。

DTMer/トラックメイカー交流会は
"作曲してる・したい人が集まってイロイロする溜まり場的スペースを高円寺に!"
というのをスローガンに、不定期的に開催している交流会です。ぼくが行ったのは23回目とあったので、結構長く続いているイベントですね。

DTMer/トラックメイカー交流会ってどんなもの?なにをするの?

ほどんど直近のTwiplaからの抜粋ですが、こんなことをやっています。

  • 自分の曲を持ちこんで、スタジオでかけることができます
  • 集まった作曲家の方たちとまったり会話を楽しめます
  • 作品の宣伝ができます

高円寺周辺のスタジオを借りてイベントを開催していて、飲食物は(ぼくが行った際には)持ち込み自由でした。
また、自作曲持参でスタジオで流したい人と、交流のみの参加の方で少し参加費に差が付きます。
イベントの時間の都合上、曲を流したい人は先着で数が決められています。

今回ぼくが行った時の参加人数は10人程度と少ない方だったのですが、多いと15人以上集まることもあるみたいです。
最近は少し参加人数が減ってきているとのことで、ちょっと寂しいですね。

開催の告知については、こちらのTwitterアカウントにて行っていますので、興味のある方はフォローして情報をチェックするといいでしょう。
DTMer/トラックメイカー交流会Twitterアカウント

むすび

ぼくが行った回では人数がそんなに多くなかったこともあり、まったりとした雰囲気で会話を楽しむことができました。
また、そのおかげで割と早い段階で顔と名前を一致させることもできました(これが苦手な人も多いですよね!ぼくのことですけど!)
初参加でも堅苦しい雰囲気もなく会話に入り込めましたので、コミュ障としてはありがたい限りです。

自分のことをアピールしつつ、新しい繋がりを持つこともできるこちらの交流会、よかったらあなたも顔を出してみてはいかがでしょうか。
その性質上、ジャンル違い・畑違いの人の曲も聴くことができていいですよ。

  • この記事を書いた人

タチやん

2012年頃から音楽的な素養が全く無い状態からDTMを始める。それから少ししたくらいにアナログでのイラストを描くことも始める。
だいたい下手の横好きを自覚しながら、やたらめったに様々な創作分野・ジャンルを渡り歩き続けています。最近は文房具にお熱。

-DTM, お役立ち, 創作, 読み物
-, , ,

Copyright© 夕立ノート , 2017 All Rights Reserved.