レスポンシブ広告




お役立ち アイテム紹介 文具

フリクションボールペン(多色)の替え芯を、他社製のものにする方法。

投稿日:

リフィルアダプターというものを使います。こんにちは、タチやん(@mofday)です。

多色ボールペン、3~4色とかついでにシャープペンシルとかついているものなど色々ありますが、ボールペンの色ってちゃんと活用できていますか?
特に4色で運用している方。絵を描くとかならともかく、4色もペンの色を使うことにちゃんと意味を持たせていますか?
ペンの色で意味合いを分けておくのは多色ボールペンを使う際に、重要なポイントだと思っています。特に文章の重要度を分けるのに文字色を変えるのは最適です。
……ですが、4色ペンの場合、そんなに文章の重要性を細分化する必要ありますか?せいぜい3段階くらいでよくないですか?
ぼくはフリクションボールウッドの4色タイプを使っていましたが、常々そういうことを思っていて、結果として緑色のペンを使わなくなってしまいました。これでは4色タイプを選んだ意味がない。


しかし世の中には面白グッズがあります。今回はそのグッズを使って「使わなくなったペンの居場所を他のペンに譲ろう」みたいなことをします。

リフィルアダプターというグッズ

リフィル……要するにボールペンの替え芯です。システム手帳の中身のノートもリフィルとか言われますね(あまり馴染みのない単語かもしれない、弊ブログでも頻繁に出てくる単語なので今更ですが解説しました)。
このボールペンのリフィルなんですが、A社のペン軸でB社の替え芯を使いたい!ということは、ペンと替え芯の規格が違ってくるので、いままではだいたい出来ませんでした。
ところがこちらの『リフィルアダプター』という、替え芯に付けて使うアダプターを使えば、一部のペンでそれが可能になるのです!


というのを知ったので、早速注文しました。


ぼくが選んだのはパイロット社製のフリクションボールペンシリーズ対応のリフィルアダプター。他にもパーカーやラミー、モンブランに対応したアダプターもあります。

で、これの裏面に「フリクションボールペン(多色タイプ)のペン軸にアダプターを付けることで適合する替え芯」のリストが載っています。型番しか書いてないので、それを拾って調べることになるのですが、ここではジェットストリームのペン先0.5mm(替え芯が金属になっているタイプのもの)が適合していました。

リフィルアダプターの取り付け

というわけで、早速アダプターを取り付けます。

替え芯のお尻にアダプターの黒いゴム部分を差し込みます。


無事、フリクションボールペンにジェットストリームの替え芯が差し込まれました。


フリクションペンは署名や公文書等に使えないので、そういうものを書くためにちゃんとしたボールペンを1本持ち歩いてましたが、これで3色フリクション+公文書用のジェットストリームという組み合わせのペンが出来上がりました。
ボールペンも1本化できたので、持ち運びにスマートで助かります。

まとめ

フリクションボールペンで使わない色が出てきたら、公文書にも使えるようなボールペンの替え芯を仕込んでおくと色々と捗りますよ。
特に4色ペンなどは人によっては持ち腐れになっているペンもあると思うので、こういったアイテムで違うペンを1本にまとめると筆箱がスッキリするでしょう。

ちなみにアダプターの機構の性質上、差し込んだ替え芯をリフィルごと引っこ抜きたい時は(個体差もありますけど)結構な確率でアダプターがペン本体に残ったりします。そういうときは細長いペンチみたいなものでゴム部分をつまんで引っ張らないと取れないこともありますのでご注意ください。

デスクトップ用広告

デスクトップ用広告

-お役立ち, アイテム紹介, 文具
-, , , ,

Copyright© 夕立ノート , 2017 All Rights Reserved.