Web 創作

サイトのメニューボタンを一気に増やしてみた話。

投稿日:

サイトをPCから閲覧されている方はすぐ気がついたと思うんだけど、2段組にしてボタンの数を一気に倍にしてみました。こんにちは、タチやん(@mofday)です。

前から「見てくれは悪くないんだけど、どうもすぐに『あのメニューを見たい!』という需要にしっかり応えられてないかんじがするなあ」って思っていたところ、どこかで「2クリックでどこでも行けるハンバーガーメニューはワンクリック増える分だけよろしくないんじゃない?」というハナシを見かけたので、ちょっとサイトをいじってみました。

グローバルメニューのボタンを一気に増やしてみた

メニューのボタン数を増やすと見てくれは悪くなるんだけど、格納されているメニューが少なくなる分だけアクセス性が実は良くなったりするのかもしれない。ほらアレ、ハンバーガーメニューが実は使い勝手悪いのと同じカンジで。

メニューの項目にマウスを重ねないと見えない項目を増やして一見スタイリッシュにするより、パッと見でどこになにがあるかわかったほうがいいじゃんねって結論で今のメニュー構造にしてみた。どうなることやら。

サイトユーザーは見てくれより使いやすさを重視するのでは?

以前、ネットラジオでぼくの企画を紹介していただいたことがあったのですが、そこでラジオ放送中に放送主の方が「どこから発行物にアクセスできるかわからない!」という事態に陥ったのを目の当たりにしたこともあり、いっそ見てくれはある程度犠牲にしてしまっても利便性を狙ってメニューを作ろうかと思いまして。

それであの2段組になった大量のボタン。ウチのサイトも企画サイトも項目が多いからね……
実はメニューに手を入れたのは、個人サイトの方では1ヶ月くらい前なんだけど、そこからPVがどうも良くなったカンジなのでそのまま他のサイトにも採用してみたってところ。

あ、他のサイトってのはコレですコレ(露骨な宣伝)。
『News Speaker』自主制作音楽・ボイスドラマのニュース投稿サイト
アマチュア・同人・インディーズ音楽レビュー・エンターテイメント企画『R3Magazine』のWebサイト

まとめ

わざわざマウスオーバーしないと見えないメニューなんて目に入らないんだから、じゃあいっそ表に出してしまえってなってメニューボタンの数を増やしてみたってお話でした。目に入らないものなんて使われる可能性が一気に減ると勝手に思っているので、サイトの見てくれで自己満足を得ているくらいならユーザービリティーの方を重視した方がよろしいんじゃないだろうかというカンジです。

併せてどうぞ

あなたの同人音楽を手に取ってもらえるような、親切な特設サイトの作り方

もうすぐコミケですね、同人作家の皆様、進捗はいかがでしょうか。こんにちは、タチやん(@mofday)です。 今回はタイト ...

続きを見る

デスクトップ用広告

デスクトップ用広告

  • この記事を書いた人

タチやん

2012年頃から音楽的な素養が全く無い状態からDTMを始める。それから少ししたくらいにアナログでのイラストを描くことも始める。 だいたい下手の横好きを自覚しながら、やたらめったに様々な創作分野・ジャンルを渡り歩き続けています。最近は文房具にお熱。わりとピーキーで辛辣なことも書きますので、当サイトの記事はあくまで一個人の考え方として捉えてください。 いま欲しいものリストはこれです。

-Web, 創作
-, , ,

おすすめ記事と広告

Copyright© 夕立ノート , 2018 All Rights Reserved.