お役立ち グッズ紹介 文具 読み物

手帳ジプシーが治らない!試行錯誤を重ねた2018年、ぼくの手帳・ノートスタイル。

更新日:

今年も、これからもまだまだ試行錯誤は続きそうです。こんにちは、タチやん(@mofday)です。

ぼくは常日頃からメモ・手帳・ノートを持ち歩き、気がつけばメモをとり、アイデアをまとめ、スケジュールを管理しています。それらの文具なのですが、もうこれだけでひとつブログが立ち上げられるほど買ってはやめてしまった悲しい手帳の類もたくさんあります。一時期は止めていた手帳が再びレギュラーに返り咲く、ということもありました。

今回はそんな手帳ジプシーが治らない、ぼくが今たどり着いている手帳・ノートの運用について書いてみたいと思います。

メモ用途の『モレスキン』


はい、一時期はトラベラーズノートのパスポートサイズに覇権を奪われてしまっていたモレスキンですが、地位を取り戻しました。使いやすさの面で、ぼくにはこちらの方が現時点ではしっくりきたんですよね。運用方針が変わったらまた都落ちするかもしれませんが……

ぼくがモレスキン手帳とフリクションボールペンを使い続ける理由


トラベラーズノートが劣っているとかいうわけではなく、単純に運用方法や"自分に馴染んでいたか"という点に留意してください。リフィルによってカスタマイズできるという点でトラベラーズノートの利便性はモレスキンより高いですし、見た目のカッコよさもぼくはトラベラーズノートの方が好みだったりします。

モレスキンに"挿して"使っている『ハンディピック』


以前「トラベラーズノートにハンディピックを組み合わせてみる」という記事を執筆しましたが、それをモレスキンでやったというだけの話です。モレスキン(他にもロイヒトトゥルムやペーパーブランクスなど)には簡易なフリーポケットがついているので、そこにハンディピックを差し込んでやるだけです。これでメモ+スケジュール帳の2in1な手帳の出来上がり。



いちいちそんなことをしなくてもいいのがトラベラーズノートのカスタマイズ性からくる利便性だったりするのですが、まぁ色々あってぼくはモレスキンに出戻りしました。

トラベラーズノートにハンディピックを組み合わせてみる話。

別に同じシリーズのもので組み合わせなくてもいいじゃないって話です。こんにちは、タチやん(@mofday)です。 トラベラ ...

続きを見る

アイデアまとめノートの『カ.クリエ』


今までの人生で一番使いやすいと感じたノートです。A4の1/3というサイズ感、方眼規格、そして専用のカバーを付けてポケットやペン挿しを付けた時の使いやすさ!構造上、真っ平らにパタンと開いてくれるので見開きで使えるのもとても便利です。資料を貼り付けたり、マインドマップを書いたり、メモをまとめてアイデアに仕上げたり……使っていて快感です。



下敷きもあると、筆圧の高い人とかには特に便利ですよ。このサイズだとトラベラーズノートのレギュラーサイズ下敷きが使えます。


カクリエがノートとして最高すぎる話

ノートとしての出来が良すぎて、ついにカクリエとして(トラベラーズノートのリフィルとしてではなく)使うようになりました。こ ...

続きを見る


そういえば最近「もしかしたらカクリエはプレーンやプレミアムクロスよりも、リングノートタイプの方が良いかも?」と思い始めましたので、使ってみて良かったらまた記事にしてみます。

メモ書きには欠かせない!『フリクションボールペン4』


書いて消せるでお馴染みなボールペン。公文書には使えないなどデメリットもいくつかあるのですが、個人のメモに使う分には全く問題ありません。極端な温度に晒される気候の地域でもないので、インクが消えたり浮かんだりというトラブルにも縁がなさそうですし。



使用感については過去記事をどうぞ。ちなみにぼくはちょっと高級感あるっぽい『ウッド』を使っています。
フリクションボールペンを買い漁って、使い勝手のレビューをしてみた

スリムタイプのやつは何気に全色揃えました。こんにちは、タチやん(@mofday)です。今回は『消えるボールペン』でお馴染 ...

続きを見る

運用方法について

まずメモとスケジュール帳は「すぐに取り出せてすぐ書ける、それでいて書きやすい」というのを重要視して選択しました。『すぐに』というのは特に大切で、浮かんだアイデアを逃さないという意味合いが強いです。『書きやすい』というのは習慣化と、書くことで生じる負担をわずかでも減らす目的があります。

なんでも手帳にメモをしよう、メモ魔のススメ。

何がどう化けるかわからないから積めるものはとりあえず積んでおくといいよって話です。こんばんは、タチやん(@mofday) ...

続きを見る

スケジュールに関しても、わりと人と対面しているその場で予定が急に入る事が多いので、即座に予定を見返してダブルブッキングを避けるという使い方です。
そしてノートは、書き溜めたメモをまとめて"アイデア"という形にしていきます。紙に書いて指先を刺激してやる方がぼくは頭が働くような感覚になるので好きですね。出来上がったアイデアは今まさに書いているブログ記事のような形になったり、作曲やイラスト、生活面や遊びでも力を発揮してくれます。

これらのことは、デジタルでもできるけど……

今の世の中は便利で、上記の『メモ・スケジュール管理・ノート』はすべてデジタルでこなせてしまいます。
メモアプリはEvernoteがありますし、スケジュール管理はGoogle Calendarが使いやすいです。ノートもiPad Pro+Apple Pencilみたいなタブレット端末でこなせたり、マインドマップをやるにもそういうアプリが出回っています。

それでもアナログな紙媒体にこだわる理由、実はぼくはあまり見出だせていません。単に紙にガリガリ書くのが好きなだけ……というのと、パラパラめくって見返すのが楽、という2点くらいかなあ……

モノは使いようなので、デジタルとアナログをうまいこと合体させたり、デジタルオンリーで運用しているような方もきっといるでしょう。

まとめ

手帳を使い始めて5年くらい経ちそうなカンジのぼくですが、どんどん手帳沼にハマっていってる気がします。
「もっとうまいやり方はないものか?」と試行錯誤している結果でもあるのですが……

こう自分に都合の良いやり方がバシっとキマってくれたら、お財布的にも助かるんですけどね。
でも手帳は楽しい!!文房具は面白い!!の精神で、これからもまだジプシーをするんでしょう、きっと。
いつか答えにたどり着けるかな?とゆる~くまったりやるつもりで。

デスクトップ用広告

デスクトップ用広告

  • この記事を書いた人

タチやん

2012年頃から音楽的な素養が全く無い状態からDTMを始める。それから少ししたくらいにアナログでのイラストを描くことも始める。 だいたい下手の横好きを自覚しながら、やたらめったに様々な創作分野・ジャンルを渡り歩き続けています。最近は文房具にお熱。わりとピーキーで辛辣なことも書きますので、当サイトの記事はあくまで一個人の考え方として捉えてください。 いま欲しいものリストはこれです。

-お役立ち, グッズ紹介, 文具, 読み物
-, , ,

おすすめ記事と広告

Copyright© 夕立ノート , 2018 All Rights Reserved.