“夕立P” 10th 東北きりたんAI『シグナルライツ』

2022年10月21日

Information

夕立P 2022秋M3新譜
東北きりたんAI『シグナルライツ』1,000JPY
J-POP, Idol, Glitter, Magical, Shiny.
Virtual Singer’s Album

Illustration by 葛城アトリ(@atori_ragi)

M3秋サークルスペース『ク-04b』

Comments

今回は今までの作風が信じられないくらい、東北きりたんのキュートな歌唱も相まって、キラキラでポップ、アイドルな曲が出来てしまいました。

ただキラキラするだけでは収まらない、ピリッとしたアイドルポップスを是非、お楽しみください。

XFade Demo

Tracklist

M1 – プロローグ(Instrumental.)
M2 – シグナルライツ
M3 – シャイニー!
M4 – キラキラパレェド
M5 – ウソ
M6 – ニンフェタミンシンデレラ
M7 – ニューアンセム
M8 – ライトブリンガー

収録時間:29分47秒

Lyrics

シグナルライツ

見つけてよシグナルを今届けるから
気付いてほしいのここにいること

やっぱ、私一人ではずっとこのままで
同じ過ち繰り返す
きっと分かっているんだ、もっと手を伸ばし
救いを信じて光を放たなければ

そう知ってた、するべきこと
今が変わることが怖くて動けないままで

開けないこの瞳、瞼の裏では
未来を夢見て微睡んでいる
目を覚まし現実を直視することが
私とても怖くてその光、拒絶した

「だって……」そう言い訳だけ
ずっと考えて
疑問をどれだけ積み上げ
きっとこのまま世界がもっと怖くなる
恐怖はその影、大きくして闇溶かす

間に合うなら抗いたい
でも私の心は既に凍りついていた

太陽が居ない夜、部屋の隅で泣く
弱くてみじめな自分、変えたい……!
だけどまだ私にはその強さはない
君が気付き、助けてくれるのを待つばかり

弱いまま甘えてた後悔ばかりが
今更私に襲いかかるよ
その時がシグナルを出すタイミングさ
変わる時が来たんだ、私も

「どうして……?」を繰り返し嘆くだけだった
自分にサヨナラをするサインを
何度だって光らせよう変われる想いを

君がそばで”笑ってくれた”のを見れたから

シャイニー!

サイコーに輝く未来へさぁ飛び出してこう
なんにもないってコトは何もかもをやれるコト

ずっと決めつけてた人生 もっと楽しくしたいと思い
でも具体的なプランなんて浮かばない問題だ

パパ ママ先生 教えてくれない
だってみんな同じことで悩んでる

抱えてる荷物を捨てちゃって踊りたいね
誰もがサボりたくて
でも抜け駆けなんてのは許せなくてにらみ合う
悲しい世界
誰か壊してくれる事をどこか夢見てる

もっとラク出来たらイイね
こんなつまらない日々にサヨナラ
でも明日のご飯の心配してるから今日もだめ

今はいいのさ すべてを捨てて
パッと諦めるのが正解だった

一度くらい裸になったまま踊りたいね
期待も夢も荷物で 重たくて辛くなって
周りの目も将来も知らんぷりで
着てる服もぼくらしさ削ってくフィルターだ

淀んだ空気を読んではいけない
きっとそれは無味無臭の猛毒だから
やられないように

いつだっけ?なぁんにもできなくて泣いてた日は
あの時の自分がまだ泣き止まないままだから
そっとそこに居てあげて 居るだけでいい
理由が判ればもう涙は枯れたりしない

もう飛び出そう 最高に輝く未来
逃げるでも攻めるでもない
ただそこを目指すだけ

そうできちゃう ぼくたちは忘れてただけ
夢も希望も後から着いてくる

叶うから!

キラキラパレェド

忘れてた宝物しまい込んだ
大事にしていたもの、あんなにキラキラしていたのに
落とし物 誰かの夢の欠片が
ひび割れた日々のせいで色褪せてしまった壊れ物

ダメダメならそう言って欲しい
ワガママね
でもそうじゃないと分からないまま……

教えて?なくしちゃっったキラキラしたものを
顔そらして逃げないでもっと近づいて

なぜかしら?あそこに置いていたもの
わざとそうしたみたいに黙ってあそこにあるみたいなの

何もかもが自由ならやることが
なぜかしら そう
かえってなくて

「なぜなにどうして?」を抱え込み過ぎたら
かわいい顔が曇り空でしょげちゃうよ
なんとなく思いつきだけれど
忘れてた宝物 作ろう

なんにもないとこからなんでも詰め込んで
キラキラしたものだけをもっと詰め込もう

それがパレードになる

ウソ

「儚いものだ」と胸に閉じ込めた
もう叶うことのない私の願い

少し背伸びをして覗いた
君の瞳は綺麗すぎた
でもねひとつわかるよ
君がまだ知らない
そんな私の気持ち
着飾った言葉

傷つくことを恐れた私は
また嘘を吐いて
心は離れていく…
「儚いものだ」と胸に閉じ込めた
もう叶うことのない私の願い

今日もダメだった
素直なんて…
私にはもう、できないこと。

でもねひとつわかるよ
私そんなこと
はじめから望んでたわけじゃない事を。

君が目を見つめ、恐れた私は
また顔をそむけ
心は離れていく
止まない涙の雨に溶け出した
もう出会うことのない運命の君

傷つくことを恐れた私は
また嘘を吐いて壊れていく心

「儚いものだ」と胸に閉じ込めた
もう二度と戻れない…

嘘つきのゆめ。

ニンフェタミンシンデレラ

美しさを求めている、その本質も理解らず
きらめく姿、手に入れたなら君はどうするの?

抱えたコンプレックスならまたその姿変えて、君襲う
すべてが壊れてくその音を何もできずに後ろで聞いてる

無力さが罪ならば泣いてる君はどうする?
濡れた顔をあげ瞳は燃えてた

この世界のすべてが今、君に牙向けて睨む
凍傷になりそうな目線、向けられてる
欲望を剥き出し伸ばした手が掴めるものは判らず
それでも求めてる君なりの光る美しさ

獣がその本能のまま獲物を求め、目を光らせるように淡々と狙うその息遣い
艶めかしいとすら思ったなら
緑色の眼を持った化け物が潜んでる、誰もがその心の中に隠した……

綺麗事も悩み事もすべてがどうでもよくて
揺れる心が求めてた最後のそのピースを嵌めたなら完成する
君なりの美しさが
その影に幾多の犠牲者の呪い、かけられて

最後に気付いた想いは既に変わり果てた

今はまだ夢見心地の幸せに浸ってる
血塗るられた美貌は歴史繰り返す

美しさを力に変えこの世のすべて手に入れ、それがいつまでも続くと錯覚してた

その影にいつしか光が射し運命のドア開かれ
その罪が裁かれる時に、ああ
君が笑ってた……

ニューアンセム

気づいた時は遅くて
戻れない過去を追いかけ
いつしか同じ間違い繰り返してばかりだ

バカな私のこと、からかいもしないで
どうして君は隣で?
笑うその顔の澄んだ瞳その奥には
優しすぎる眼差しから逃げたくなる
宝石のようなきらめき

きらきらとひかるもの
眩しさに焼かれた心では嘘をつけない

裸にされた心・カラダ

何もかも赦してすべてをあずけたの
君が私にくれたもの
新しい約束
弱い私のため
きっとそのために生きるよ

ライトブリンガー

果てない場所にある夢追い続けて私はもう疲れたんだ
その背中、ナイフで刺すような言葉は
残酷で無慈悲な励まし

誰もがそんな人の期待を背負い込んで生きているのかな
死んでいくのかな
まだ幼い僕の手は荷物が多すぎて
そっと閉じた

見えないゴールだなんて……
希望も見えなくてもう、諦めたいよ

その立ち止まってた僕の隣で
傷を癒やしてくれた
君はどうしてそう微笑んでるの?
そんな目で見られたら もう僕の逃げ場はない

心のどこかではそう望んでいた
それが今、現実になり
君が僕の目をまた覗きこんだから
隠した涙、溢れてきた

いまだに背中の傷、痛みは鋭いけど
今、走らなきゃすべてが手遅れになる
鈍く重たいその感覚、覚醒させろ 今

光届けてくれた君はそう
ライトブリンガーだった
眩しすぎてさ もう暗闇のようだ
こんな僕にもどうか
救いがあるように……

神様は信じてない
僕も信じてないけど
奇跡が起きた!

絶望の底まで光届けた君はライトブリンガー
夢も希望もない そう想ってたから
僕はまた幼い頃の自分、思い出した
命ある限り痛みは続いて
僕をまた絶望に堕とす
そこまでやってきて隣に居てくれたの
君はそう、天使の羽を持ったライトブリンガー

天使の羽を広げたライトブリンガー

Posted by 夕立P