お役立ち アプリ グッズ紹介

なんだか身体の具合が悪い?全国版救急受診アプリ「Q助」を使ってみよう!

投稿日:

身体の具合が悪い時の判断材料になります。こんにちは、夕立P(@mofday)です。
先日、なんどか「視界が明滅する」「吐き気と頭痛がひどい」といった、あまりよろしくない症状が出ていたことが続いていたのですが、病院を受診する・救急車を呼ぶというのに抵抗があることもしばしばでした。よくそれで「どうして病院に行かないんだ」と怒られたりもするのですが……

今回紹介するアプリ「Q助」は、そうした病院の受診のための判断材料の一助となるものです。

救急受診アプリ「Q助」のしくみ

まずアプリをインストール・立ち上げて、利用規約を読んで承諾します。
すると現在の症状について簡単な質問が表示されますので、それに回答していきます。
いくつか質問に答えていくと、どうするべきか診断結果が表示されます。

場合によっては(即座に救急を呼ぶべきパターンなど)そのまま救急に電話をしてくれるボタンを表示してくれますので、そんな時は一刻を争う状態である可能性が高いです。即座にボタンを押して救急要請しましょう。

そうでない場合でも、「どんな症状でどんな経緯があったか」を質問に答えていれば、回答一覧が結果に表示されますので、病院を受診する際にはその内容を伝えると診察や検査がスムーズになる、という仕組みです。

ちなみにアプリを提供しているのは、総務省消防庁です。

住民の緊急度判定を支援し、利用できる医療機関や受診手段の情報を提供するため、緊急度判定プロトコルver.2(家庭自己判断)をもとに作成しました。
(中略)
医療機関の検索(隣県の情報も閲覧できるように、厚生労働省の「医療情報ネット」にリンク)や、受診手段の検索(一般社団法人全国ハイヤー・タクシー連合会の「全国タクシーガイド」にリンク)を行うことができます。
総務省消防庁 | 全国版救急受診アプリ (愛称「Q助」)

とのこと。

アプリの必要性と注意点

あまり症状が軽い案件で(世の中にはタクシー感覚で救急車を呼ぶタイプの人も実在するそうです)本当に緊急の案件のためのリソースまで割いてしまうことになります。一方、一刻を争うような案件で救急車を呼ぶのが遅れてしまった場合、最悪の事態を招いてしまいます。また、救急車を呼ぶこと自体に不安を感じるという方もいるでしょう。
そうした方のために、この「Q助」というアプリは、質問に答えていくだけで、判断の助けとなってくれます。

ひとつ注意として、アプリの利用規約内にはしっかり「当アプリの利用によりユーザーに不都合・不利益、または被害を被った場合でも当庁は一切の責任を負いかねる」という旨が記載されています。あくまで決断の責任は自身にあるということですね。
たとえ診断結果が大丈夫であると予測された場合でも、「緊急ではありませんが医療機関を受診しましょう」「引き続き、注意して様子をみてください」という文言が載っているはずです。
どうしても気になる症状であれば、重篤な病気の初期症状・早期発見にもつながることもありますので、個人的には病院の受診をオススメはします……

救急受診アプリ「Q助」のダウンロードおよび利用

「Q助」アプリのダウンロードは、総務省消防庁ホームページ、または「Q助チラシ」をご覧ください。
総務省消防庁 | 全国版救急受診アプリ (愛称「Q助」)

また、Web版も用意されています。
全国版救急受診アプリ「Q助」Web版

ちなみに最近では、各地方自治体のWebサイトにもこの「Q助」の利用について案内していることも多いみたいです。実際ぼくはそれでこのアプリの存在を知りました。

デスクトップ用広告

デスクトップ用広告

  • この記事を書いた人

夕立P

2012年頃から音楽的な素養が全く無い状態からDTMを始める。それから少ししたくらいにアナログでのイラストを描くことも始める。 だいたい下手の横好きを自覚しながら、やたらめったに様々な創作分野・ジャンルを渡り歩き続けています。最近は文房具にお熱。わりとピーキーで辛辣なことも書きますので、当サイトの記事はあくまで一個人の考え方として捉えてください。 いま欲しいものリストはこれです。

-お役立ち, アプリ, グッズ紹介
-, , ,

おすすめ記事と広告

Copyright© 夕立ノート , 2019 All Rights Reserved.