お役立ち エッセイ 創作 読み物

同人即売会の陳列・設営について、具体的な方法を考えてみよう

更新日:

同人展示即売会で「なんだかブースの見栄えがよくないかも……」とお悩みのサークル参加者の方は、どれほどいるものなんでしょうか。こんにちは、タチやん(@mofday)です。
ぼく自身もその一人なのですが、悶々としているだけでは何の意味もないので、今回はそのブースの見栄えが良くなる方法(陳列・設営)について考えてみました。

スタイリッシュなブースと、なんだかごちゃっとしてるブース

色々と工夫はしているものの、またサークルの色を出そうとしているものの。
どこか洗練されていてキレイなブースとごちゃっとしているブースとあるのは、その違いはなんでしょうか。
これの答えは"統一感"と"レイアウト"あたりかと思います。
統一感については、例えばゴシックV系の音楽サークルさんは結構な退廃感・ゴシック・クラシカルなブースデザインをされていたり、メタルコアなサークルさんだと黒ベースの白いロゴに、差し色で赤とかそんな風に設営をやっていたりします。
レイアウトについては、例えば展示用のイーゼル(CDや本を立てかけるのに使われていますね)の向きがバラバラだったり、平積みCDや冊子の配置がどうもズレてるようなものです。

平積みと面置きについて

これについてはこちらの記事が詳しいです。
EX NOTES|同人イベントで成否を握る、サークルの「陳列」についてのお話
平積みより面置きの方が作品のアピールができるかと思います。先の記事にこれの理由についても書いてあります。

什器(棚)の利用

今回はより作品を手に取ってもらえそうな陳列について考えていますが、その助けとなるのが什器です。
EX-NOTESさんの記事でもあったような、出版評論社「KAMINOTANA」
創作イベント向け商品陳列棚『シロイタナ』
アリスブックス『AliceDISPLAY』等があります。
また、自作するならばこういったものもあります。
A4コピー用紙で作る設置什器 | 152Hz

これらの什器は面置きをする際に非常に便利です。ただし面置きそのものが什器の分だけ展示スペースを取られるのも事実なのと、
参加者がスペースの近くまで来た際には平積みだと間近で見てもらえるという点があるので、どちらを取るか、もしくは上手い事両方組み合わせるかというやり方の工夫も必要かと思います。

例えば面置きのための什器を奥側に設置し、什器の前に平積みをするというやり方が考えられます。
これについてはシロイタナの商品解説ページの画像イメージがわかりやすいです。

ランドマークの設置

ここがどこのサークルなのかわかりやすいものを設置・掲示します。
例えばサークル名や看板キャラクターの印刷されたブースクロスはとても映えますし、大型ポスターをスペースに掲示するのもいいですね。
ポスターの印刷は、別々に印刷したA4用紙をつなぎ合わせてA1ポスターに仕上げる荒業をしていたサークルさんもいました。
やり方としてはこちらの記事、他にもネットで検索すればたくさん出てきます。
kur.jp|A4サイズのPDFからA1サイズのポスターを作る方法
もちろん業者さんに頼んだ方がキレイに仕上がりますが……
あと、ポスターを貼りだすのにこういったポスタースタンドもあれば便利です。
携帯型ポスタースタンド『PO.SU.TA.』

細かいところ:サークルスペース番号の表示

『ここは"C-24a"です』みたいな、居場所の番号がわかるものを貼りだしておくと参加者にやさしいです。
個人的な経験だけで言いますと、サークル名がわかっていてもスペース番号がわからないとかなり探しにくいです。
他のサークルさんをお目当てにしている参加者の方にも便利だったりするので、参加者にやさしいイベントを作ろうと思うなら是非貼りだしてください。

細かいところ:ジャンルと価格がすぐわかるポップ

一見さんがサークルの作品を手に取るという可能性はとても低いです。そんな中でも、少しでも興味を持ってもらうためには『作品のジャンルがすぐわかる』『頒布価格が見やすい』ポップを用意しておくといいかと思います。
特に作品のジャンルがわかるということに関しては、参加者の欲しいジャンルとマッチしていた時により興味を惹きやすくなります(なんだかんだ雑食な人ってそんなにいないですし)。
同人イベントで作品を頒布するサークルさんが用意しておきたいもの3つを紹介するよ

これがあると目を惹きやすいグッズまとめ

まとめです。

  • 棚の什器
  • ブースクロス
  • ポスター及びポスタースタンド
  • ポップ
  • サークルスペース番号の札

これだけ用意しようとすると結構なお値段になるという点もありますが、ブースの見栄えという面では非常によくなります。
ブースの見栄えについては凝れば凝るほどお金と準備時間が吹き飛びますが、同人即売会は同時に展示会の意味合いも含まれていたりしますので、あなたの作品をできればキレイに展示してあげると参加者の第一印象は好印象に映るかと思われます。
参考:七幻文書|【イベント出展】 ブースデザインの重要性

  • この記事を書いた人

タチやん

2012年頃から音楽的な素養が全く無い状態からDTMを始める。それから少ししたくらいにアナログでのイラストを描くことも始める。
だいたい下手の横好きを自覚しながら、やたらめったに様々な創作分野・ジャンルを渡り歩き続けています。最近は文房具にお熱。

-お役立ち, エッセイ, 創作, 読み物
-, , , , , ,

Copyright© 夕立ノート , 2017 All Rights Reserved.