VOCALOID楽曲 エッセイ ブログ 創作 読み物

「ボカロ耳」ってなんぞや? #vocanote

  1. HOME >
  2. 創作 >
  3. DTM >
  4. VOCALOID楽曲 >

「ボカロ耳」ってなんぞや? #vocanote

こんばんみ、夕立P(@Yu_dachiP)です。P名ついてるボカロぴぇ〜ではありますが、リスナーとしての自覚をもっと強く持ちたいお年頃です、いやん。

はてさて今回はタイトルの通り「ボカロ耳」と、ぼくが勝手につけた(どっかで見聞きしたような覚えもある単語なので、初出のソースあれば教えて下さい)リスナーの傾向について書いてみたいと思います。

「ボカロ耳」ってなんぞや?

ボカロ曲と人間ボーカルの曲の違い

ボカロ耳について書く前に、大前提としてこの話をしないといけませんね。

とはいえ解説するまでもなく答えもわかっているとは思いますが

ボカロ曲と人間ボーカル。はい、前者はボーカルにVOCALOIDをはじめとした「音声合成技術」を用いており(VOCALOID以外にも「UTAU」や「CeVIO」はたまた「VOICEROID」のような歌唱を目的としていないものまで、様々な技術が用いられています)それらの音源には、今や当たり前のように「キャラクター」がついています。

このキャラについては後日、別のお話で出てくると思いますので頭の隅にでも置いといてください。

で、人間ボーカルの方なのですが、これは「一人でこそこそDTMで曲を作っている系のガチインドアDTM」とはとても相性が悪い。いや、ボーカルの方とうまいことマッチングすればいいだけの話でもあるのですが、歌ってもらうにもリテイクやら報酬やら、はたまた連絡の不備等による不幸(お察しください)もままあり、その点において音声合成によるボーカルは「対人間によるトラブルといった煩わしさ」や「導入コスト」をある程度は抑えることに成功した……と筆者は考えています。

あ、これ以降は記事のめんどくささ軽減のために音声合成技術全般を「ボカロ」に置き換えて書いていきます。

実際にボカロ曲と人間ボーカル曲を、ボカロ耳じゃない人たちに聴き比べてもらった

「聴き比べてもらった」といっても、事前にそういう実験をやるよ!というようなお膳立てをしたわけではなく、気が付かれないようにしれっとゲーム感覚でやってもらうために、とあるツール(アナログゲーム)を用意して、やってもらいました。『狩歌』というものです。
(簡単に解説をすると、狩歌はJ-POP等のボーカル楽曲に頻出する単語を札として、歌を流して歌詞が歌われたら札を取る、というまさに「J-POP(や好きな曲がゲームになる)を用いたカルタです)

241view
作曲者(特に歌モノ)にとってアナログゲーム『狩歌』は最高に楽しいゲームだ

一緒に遊ぶ人が必要になりますけどね。こんばんは、夕立P(@Yu_dachiP)です。 今回はパーティーゲームにうってつけなアナログゲーム『狩歌』を紹介します。面白そうだと買ったのはかなり前なのですが、 ...

この狩歌で何曲かJ-POPを流した後、神調教と評される、とあるボカロPの楽曲をしれっと流しました。結果としては「全然歌詞が聴こえない」「聴き取りづらい」と、散々な結果でした。もちろんここでは誰のどの楽曲だったかは名誉のために公表しません……が、いわゆるバックトラックがガチャガチャやかましい系の楽曲ではなく、「ボカロ耳」というわけではないぼくでも、比較的ボーカルは聴き取れるレベルのものだったと思います。

それでも、ボカロを聴き慣れていないリスナーにとっては「ボカロは歌が聴きづらい!」と、その場ではそういう残念な結論が出てしまいました。

ボカロのボーカルが聴き取れる耳が「ボカロ耳」

ボカロ曲を聴き慣れている人は、要するに「ボカロによる歌唱を聴き取ることができる」聴覚になっていると考えられます。これが前述した「ボカロ耳」。これがあると比較的似ている音源でも声質からキャラを聴き分けることや、高速でまくしたてるようなボカロ曲においてのボーカルトラックをきちんと歌詞を汲んで聞き取ることができる……のでしょうか……?

自分がボカロ耳じゃないので、未知の世界です……まぁ実際「このキャラの音源にはこういう癖があって、音域としてもこの帯域にちょっと癖が出ていて」みたいな話が飛んでくることもあるので、わかるんだろうな……

「ボカロ耳」は「人間ボーカル曲」をどう聴いているのか?

半分あてつけみたいな疑問なので非常に恐縮なのですが、ボカロ耳になるまでボカロ曲をDigっている・聴き漁っているリスナーの皆様におかれましては、この「人間ボーカル曲」というものと一体どう向き合っているのかな?というのが純粋な疑問です。ボカロ耳って、ボーカルに対する聴き方に癖がついちゃってる状態ですもの、冷静に考えて。

この辺はぼくのTLにも大量にいるであろうボカロリスナーをはじめ、むしろ「非ボカロリスナー」からはボカロ曲のボーカルってどう聴こえてるのか?を大激論してもらいたいくらいです。まぁ戦争……激論は避けられないでしょうけど

むすび

ボカロ曲という、10何年前までは人間が担当するのが当たり前だったボーカルという楽器について、特にDTMer的には革命を起こしたかもしれないこの技術。どういう風に聴かれているものなのかな?という、ぼくがみんなの「姿勢を知りたい」案件のうち1アングル・1カットってところです。

というわけで、どんな形でもいいのでご意見や体験談をお待ちしています。最後の方はとっちらかりすぎて、自分でも主旨の半分も伝わらなさそうな危機感を覚えつつ……

  • この記事を書いた人

夕立P

2012年頃から音楽的な素養が全く無い状態からDTMを始める。それから少ししたくらいにアナログでのイラストを描くことも始める。 だいたい下手の横好きを自覚しながら、やたらめったに様々な創作分野・ジャンルを渡り歩き続けています。最近は文房具にお熱。わりとピーキーで辛辣なことも書きますので、当サイトの記事はあくまで一個人の考え方として捉えてください。 いま欲しいものリストはこれです。

-VOCALOID楽曲, エッセイ, ブログ, 創作, 読み物
-, , ,