お役立ち エッセイ 創作

同人イベントサークル参加初心者向け。同人即売会において、必要なものとその理由

投稿日:2016年10月25日 更新日:

この記事を読むのに必要な時間は約 6 分です。

こんにちは、タチやん(@mofday)です。ひとつ前の記事では『100均でこれだけイベントに必要なものは揃うよ!』というのを書きましたが、「じゃあなんでこれらのモノが必要になるの?」という初心者にとっての疑問には答えていませんでした。
ぼく自身もそんなにサークル参加はしていない、経験値の少ない人間なのですが、それはそれなりにこれらをどういう場面で使うのかを説明してみたいと思います。

抜けがあったらすみません、では張り切っていってみましょう。

掲示物系のモノ

値札

イベント会場にて頒布物と一緒に掲示しておくことで、サークル主にいちいち尋ねなくても値段がわかります。
どういうわけかこれを置いてないサークルさんは今まで見たことがないですが、逆にこれがない場合というのを考えてみるのも面白いかもしれません(投げ銭形式です!と言い切ってしまうとか無償頒布とか)。

サインペン・ポップ

ポップには頒布物の概要(制作ジャンル・作品のあらすじ・登場人物etc...)を書いて、参加者にアピールします。
ポップにボールペンで書きこんでしまうと字が細くて視認性が悪いので、サインペンを使った方がいいかと思います。
イベント会場で一見さんの興味を引くのは、表紙(orジャケット)及びこのポップだと思います。

テーブルクロス

机に頒布物が直置きだと、どういうわけか見た目にあまりよくありません。
ぶっちゃけ他のサークルさんがやってるところが多いから、やってないところは相対的に地味に見える、というモノのような気もしなくもないですが……
とはいえ布の柄や色によっては頒布物がより映えるということもあります。センスの問題になってきますが、あった方がいい気はします。

ホワイトボード

時間によって変わってくるスペースの情報、例えばサークル主の在籍状況や頒布物の品切れ、その他アナウンスに使えると思います。
こういったアナウンスが出ていると訪れた参加者にとってありがたいです。

イーゼル等、頒布物を立てるもの

頒布物の見た目を良くするカンジで使います。机にミニサイズのイーゼルを置いてそこに作品をかけておくと、ちょうど傾き具合と参加者がスペースを見下ろした視点がマッチします。
ジャケット映えするような作品は特にやっておきたいカンジです。逆にテキストのみのタイトルだとかで平積みの方がいいなっていう頒布物にはやらない方がいいです。

サークルスペース番号を書いたもの

コレを目印にサークルを探してくる参加者の方も多いです。これはそのままスペースのランドマークになります。
なので、ポスター的なものに大きく番号が書いてあると目立ちますしスペースが分かりやすいのでありがたいです。

消耗品のモノ

セロテープ

テーブルクロスを固定したり、机にゴミ袋を設置したり、M3だと視聴用CDのタグを張り付けたり。
ポップを貼ったりオーナメントやオブジェを固定するのにも使いますね。

ウェットティッシュ

視聴にヘッドホンを用意しているところは、という前提がありますが、そのヘッドホンの耳当てを視聴した後とかに拭いてあげるのに使います。
なくてもいいっちゃいいですが、ちょっとした気遣いの類です。

その他のモノ

ダンボールとガムテープ

搬入出にダンボールを使うサークルさんは必須です。ダンボールを留めるにはガムテープ以外に選択肢はほぼありません(最近だとプラ製の留め具があるみたいですが)。
ダンボールは軽さのわりに丈夫だし、イベント会場から自宅(もしくはその逆)に荷物を送るにも使うので、宅配便の利用を考えているサークルさんには必須です。

メモ・筆記具

基本的には出納帳みたいに使います。あとカタログと併せてサークルチェックに使ったり、それ以外にもちょっとしたメモをとる場面はあるかと思います。

ハサミ・カッターなどの小さい刃物類

テープ類を切ったり、大きすぎるダンボールを切ってコンパクトにまとめたりするのに使います。スケッチブックを持ち込んでいればそれを切ってポップを作ったりということも出来ます。あって損はないかと。

プラ製のコインケース

100均で取り扱ってるようなやつで十分です。スペースでのお釣りの受け渡しが楽になるのと、簡易的なコインカウンターを兼ねます。
もし余裕があるならばコインカウンター付きの手提げ金庫などあれば、防犯上もいいと思います。

まとめ

「本当にこれって必要なのかな……」という疑問にできる限り答えたと思います。
逆に言うとこの記事に抜けがあったら、その場面であたふたするハメになるわけですが……
なので、そういうのがあったらTwitterで反応していただけたらありがたいです。メンションしていただけたら拾います。

新刊のお知らせ

ついに新刊が完成しました!!アマチュア音楽レビュー誌『R3Magazine vol.3』です。
2017年M3春の新譜についてのレビューや、音楽コラム、また"文学少女"をテーマにしたコンピ収録(11曲)などコンテンツ盛りだくさんでお届けします!
kindle版は4/19に販売しました、M3春の情報を先取りできますよ!
こちらからどうぞ。

新刊『R3Magazine vol.3』についてのご案内。

(4 投票, 平均点: 5.00)
Loading...


-お役立ち, エッセイ, 創作
-, , , ,

Copyright© 夕立ノート , 2017 AllRights Reserved.