排気ガスから作られたインク『AIR-INK』が面白そう

2017年6月28日

Tarabiscuite / Pixabay

こういう取り組みもいいなーって思いました。こんにちは、夕立P(@Yu_dachiP)です。

まずはこちらのトレイラ―をご覧ください。

うーん、導入部がなんとも退廃的。……じゃなくって。

このAIR-INKは、今までのカーボンブラックインクと違い、独自の装置を用いて車両からの排気ガスから煤を採取。
その煤を無毒化してインクとして使えるように処理しています。

2017年7月以降の出荷予定らしいですが、環境保全の取り組みとしても面白いですし、それがインクになって新たなアートを生み出したりしたらいいなーと勝手に想像を膨らませたりしました。
なんかもうWikipediaにも記事ができちゃってますし。

Kickstarter http://kck.st/2kDePbT

AIR‐INK|空気汚染物質から作られた環境に優しいインク「エアーインク」【2017年7月以降】 – ガジェットの購入なら海外通販のRAKUNEW(ラクニュー)

ただお値段も製造プロセスの関係からか、結構お高いですね……