グッズ紹介 文具 読み物

フリクションボール2ビズをようやく買った話。

投稿日:

いままでずーーっと敬遠していたペンがふと欲しくなって購入してしまいました。こんにちは、タチやん(@mofday)です。

以前、フリクションボールペンを買い集めて使い心地のレビューをしたことがありました。

ですが、その時はこちらのフリクションボール2ビズをぼくは持っていませんでした。理由は「見た目からもう使いづらそうだったから。」
その予想が果たして本当だったか、そしてパイロットさんの製品にしては(偏見)かなりスタイリッシュなこちらの製品のポテンシャルを確かめたくて、この度ペンを購入となりました。
実際使ってみた感想をつらつらと書いてみます。

良かった点

ペンの太さが自分の手に馴染む

フリクションボール4ウッドやメタルシリーズのも結構フィット感があって好きでしたが、こちらのペンはそれ以上に太さが手に馴染みました。手が小さい人にもわりといいんじゃないでしょうか。(というか多色ペンだから仕方ないとはいえウッドやメタルが太すぎるんじゃないかっていう話も……)

程よい重量がある

持っていて手に馴染むのはこちらも重要で、この重量感はプラスチック製のシリーズのそれとは比較してすぐにわかるほど「ずっしり」ときます。ですが程よい感じ。上記のペンの太さと相まって、手へのフィット感が素晴らしいです。

見た目がスタイリッシュ

パイロットさんの製品にしては(2度目)細身のボディでかつスタイリッシュなシルエットに仕上がっています。ウッドは確かに軸に高級感はあれど、シルエットの野暮ったさは、個人的には拭えないです……フォーマルな場でもしっくり馴染んでくれます。

悪かった点

文字を消す時のキャップにカバーが付いているので消すのが億劫になる

シルエットのスタイリッシュさの代わりに、この使い勝手がかなり犠牲になっているのは否めません。特にフリクションペンを使う方は「書き損じても消してやり直せる」部分に魅力や安心感を持っていると思われますので、その“消す”という動作にワンアクション必要になるのはかなり厄介だと言わざるを得ないです。落ち着いた場所での長文の筆記でしたら「最初からキャップを外しておいて使う」のがいいんでしょうけれど、電車移動中などでこんな動作なんてしていられません。キャップを落としたら結構ひどい目に遭うかと思われます。
この1点だけで結構な長文になりましたが、それだけ大きなデメリットであると言えるでしょう。

リフィルを他のカラーに変えると、インク色で混乱する

フリクション2ビズには専用のメタル軸なリフィルが用意されていて、先端部に黒・赤のマークがついています。そしてこの2ビズでも他の多色ペン同様、他のカラーのリフィル(ボールペンの芯のことです)に変えることができます。
ここまではいいのですが、問題は変えた後。他のカラーのリフィルには色見本のマークが付いていないのです。これがどういうことかというと、2ビズは軸をひねってペン先を出す構造となっています。しかし他の多色ペンは、大抵が色の付いたノック部を押すこでペン先を出します。つまりノック部で色を判別しているということです。

ひねってペン先を出す2ビズでは、ひねる方向でインク色を覚えておかないとペンの色を間違える・混乱する可能性が高いのです。まぁ恐らく前提として「黒と赤」の2色あればいいだろうっていうことなんでしょうけど。
これで困るのが、ぼくみたいに黒や赤の色を他の色と差し替えて使っているタイプの人でしょうね。ぼくは黒の代わりにブルーブラックを使っていますし、赤はローズにしています。そのまんまの黒や赤の色が個人的にド直球すぎて好みじゃないんですよね……
(ちなみに2ビズには一応、軸をひねる方向でどちらの色が出るかが軸にも書いてはあります)

消えるペンなので当然、公文書や署名には使えない

当たり前といえば当たり前なのですが、フリクションペンやあちこちの場面でアナウンスされているとおり、署名や公文書にこのペンは使えません。フォーマルな場でも気兼ねなく使えるとはいえ、この注意点がありますので本当に気をつけてください。せっかくフォーマルな場にフィットするシルエットなのにもったいない……とも思いますが、こればっかりはそもそもプロダクトの特性なので仕方ないですね。

どういう使い方をするのがいいのか?

例えば「文字が間違っているのが気にくわない、けど修正が効かないペンで文字を書くのは嫌だ」という完璧主義者的な方で、なおかつ見た目に拘りたい人には向いていると思います。
文字が消せる(けどちょっとやそっとでは消えない)ボールペンという特性を活かして、完璧主義的なノートやメモをとるのにはうってつけと言えるでしょう。
ただし前述の通り、その「文字を消す」ためにワンアクションを強いられるのでそこが難点です。
ひとつ解決策としては、フリクションシリーズとして専用のイレーサー(消しゴム)が用意されているので、そちらと併用するのがいいでしょう。そちらもペンとゴムを持ち替えるアクションが必要とされますが、いちいちキャップを外すアクションよりはよほどマシかなと使っていて思いました。

その他の解決策としては「最初からキャップを外して使う」「最初から消去用ラバーが露出している他のシリーズのペンと併用する」というのが考えられます。
前者は外観を損ねますが、使い勝手と文字を消去する際のスピード感が段違いです。後者は要するに専用イレーサーの代わりですね。そのついでに黒赤とは他の色のペンも選択肢に入れられるという利点もあります。ただこちらの方法だと消去の際にやはりペンの持ち替えというアクションがありますが……

ちなみにぼくは後者の方法で運用しています。こんなかんじに。

まとめ

買って使ってみて思ったのは「予想していたより悪くない」むしろ「書く時のフィット感と見た目で上がるテンションのおかげでノートが捗る」ことです。
ここ最近サボりがちだった日記も、カクリエのページを埋め尽くすほどには書けるようになりましたし、書いていて億劫だとかいうこともなく、テキストがノートをスラスラと埋めていきました。
逆に使う場面というのを一切考えないとか、何かしら割り切って使いはじめるといいペンなのかもしれません。あと多色ペンはだいたいの場合、2色で充分だとも思いました。常々「4色もノートに使わないなあ」って思っていたんですよね……
ということで今までメインで使っていた4ウッドはベンチ入りです。アイデア出し用にはまだまだ使いますけどね。

そんなこんなで、思っていた以上にしっくりきて良かったというのがぼくの個人的な感想です。何よりパイロットさんがこんな野暮ったくないシルエットのペンを出してきたのが驚きです(ひどい偏見だ!)。

フリクションボールペンを買い漁って、使い勝手のレビューをしてみた

スリムタイプのやつは何気に全色揃えました。こんにちは、タチやん(@mofday)です。今回は『消えるボールペン』でお馴染 ...

続きを見る






デスクトップ用広告

デスクトップ用広告

  • この記事を書いた人

タチやん

2012年頃から音楽的な素養が全く無い状態からDTMを始める。それから少ししたくらいにアナログでのイラストを描くことも始める。 だいたい下手の横好きを自覚しながら、やたらめったに様々な創作分野・ジャンルを渡り歩き続けています。最近は文房具にお熱。わりとピーキーで辛辣なことも書きますので、当サイトの記事はあくまで一個人の考え方として捉えてください。 いま欲しいものリストはこれです。

-グッズ紹介, 文具, 読み物
-,

おすすめ記事と広告

Copyright© 夕立ノート , 2018 All Rights Reserved.