ガジェット グッズ紹介

iPadのキーボード一体型カバーが無用の長物だった件

投稿日:

iPadを新調して第六世代にしてから、周辺機器も揃えた時に気がついたこといくつかを書いてみます。こんにちは、タチやん(@mofday)タチやん(@mofday)です。
新しいiPad、apple pencilも使えることもあって周辺機器がキーボード・ペン・カバーの最低でも3点セットになったのですが、この中でもカバーとキーボードを選ぶときに強く思ったことがあります。それをシェアしてみたいと思います。参考になれば幸いです。

キーボード+カバーの一体型はいらない

いきなり結論を書いた気がしますが、まぁそれはいいとして。本当にこれは使い勝手の面で考えるとほぼいらないです。少なくとも僕はそうでした。ここにその理由を書きます。

  • iPad単体で使うときもキーボードの本体とお付き合いしないといけないので煩わしい
  • 単純にキーボードの出来がよくない
  • キーボードを使う場面を想定すると、使わない場面のほうがウェイトが高い

この3点です。順に説明していきます。

3つの理由

1つめ、iPadを単体で使うというよりは、操作にキーボードを必要としない場面。こういう時はだいたい外出先で片手にiPadを持った状態で使うことが想定されます。この場面でカバーにキーボードがひっついている一体型のケースだと、これがかさばったり重たかったりでロクなことがありません。数百グラムの重さ程度でも、iPadの使用感にダイレクトに効いてきます。これはよろしくない。

2つめはもう文字通り。キータッチが安っぽかったり、そもそも文字が打ちにくかったりと割と最悪です。執筆系の作業との相性が最悪です。なんのためのキーボードなのかを疑いたくなるくらいです。

3つめは「そもそもキーボードとカバーを一緒にするほどキーボードを使う場面ってあるの?」という話です。執筆作業で時間のウェイトは多いかもしれませんが、場面ごと・シーンごとに見てみるとそうでもないような?カンジがヒシヒシとします。電車の中でガッツリ
執筆することもないでしょうし、家にいればPCで執筆すればいいだけの話ですし。

ひとつだけ一体型キーボードのメリットを挙げるとしたら、電車などで膝の上にタブレットを載せて執筆できるようになる、ということでしょうか……満員電車とかですと邪魔なことこの上ないので、ちょっとやめたほうがいいとは思いますけど……

むすび

以上の3点から、僕は(あくまで僕の場合ですけど!)iPadのキーボード一体型ケースとはさよならバイバイしました。今はHHKBのBluetooth搭載型をどうにか手に入れようと頑張っている最中です。それまでは前に使っていたポケモンキーボードで頑張ります……
あくまで個人の感想ですが、せっかくのスマートなデバイスなので、スマートに使いこなしたいところですよね。

PFU Happy Hacking Keyboard Professional BT 英語配列/墨 PD-KB600B
  • PFU
  • 価格 : ¥ 29,700
  • 商品ランキング : 3,752 位


デスクトップ用広告

デスクトップ用広告

  • この記事を書いた人

タチやん

2012年頃から音楽的な素養が全く無い状態からDTMを始める。それから少ししたくらいにアナログでのイラストを描くことも始める。 だいたい下手の横好きを自覚しながら、やたらめったに様々な創作分野・ジャンルを渡り歩き続けています。最近は文房具にお熱。わりとピーキーで辛辣なことも書きますので、当サイトの記事はあくまで一個人の考え方として捉えてください。 いま欲しいものリストはこれです。

-ガジェット, グッズ紹介
-, , ,

おすすめ記事と広告

Copyright© 夕立ノート , 2019 All Rights Reserved.