DTM アプリ グッズ紹介 創作

【2020年版】モバイルDTMで使えるアプリ11選!ボカロPにもなれる!

スマホのiPhoneだけで作曲(DTM)、そしてボカロ曲を作り、ボカロPになれる時代です。こんにちは、夕立P(@mofday)です。

以前にも似たような記事を書きましたが、モバイル環境でのDTMのためのアプリがまた色々と出回ってきたので、選択肢も増えました。クオリティーもなかなか凄いものを作れます。

加速するモバイルDTM環境!

今回はiPhone(iPadでも同じアプリが使えますので)ユーザー向けではありますが、モバイル環境だけでボカロ曲を作るためのアプリを紹介します。
なお、ボカロのためのアプリを除いてしまえば単純にモバイルDTMのためのアプリ紹介記事となります。

作曲のためのアプリ

純粋に作曲をするために使えるアプリを3つ+αほど紹介します。

GarageBand


iPhone、Macユーザーには定番の作曲アプリです。デフォルトで使える音源の質、打ち込みや演奏の幅は今回紹介する中ではダントツ。また、Macユーザーの方にはLogic Pro Xとの連携も強化されたことによって、DAW乗り換えのステップアップやスケッチとしての用途としても使いやすくなりました。
後述しますが、外部プラグインによる拡張も可能となりましたので、これまで以上に音源やエフェクトの選択肢の幅も増えました。

使い勝手としては、最初は打ち込み画面に到達するまでがどうすればいいのかわからない人がいるかもしれません。そういう方はこちらの記事をご覧ください。

また気になる点として、おそらくマスタートラックにデフォルトでリミッターがかかっています。何のことかわからない人はひとまずこの話は無視しちゃって大丈夫ですが、例えば他所に曲を提出する場面などで苦労するかもしれませんね。現在はこのリミッターを外す方法はないみたいです。

KORG Gadget


モバイルDTMのためのUI・UXで、モバイル作曲にはダントツで使いやすいシーケンサーです。一応波形も扱えるようになったからDAWって言っても怒られないかな……特にクラブサウンドに強い音源を搭載しまくっており、またシーケンサーの仕組みもそういう方向にトガっているので、トラックメイカー向けのアプリと言えそうです。
音源の拡張はアプリ内購入(と、別のKORG製アプリのアプリ内課金)によってのみ開放されるので、拡張性には乏しいです。
アプリの解説については、こちらのサイト様がとても詳しいのでご覧ください。
https://gadget-junkies.net/
また管理人様はこのアプリを用いた草の根コンペも開催していることがあります。

FL Studio Mobile


PCでもプラグインとして使える(?!)おそらく扱いやすさ、打ち込みのとっつきやすさではピカイチのアプリです。こちらもクラブサウンド向けという印象がありますけどね。ユーザー次第で割と色々なジャンルに対応できそうです。
拡張性は低め。というのも、外部アプリで使えるものがInter-app-audio(IAA)というちょっと古い規格にしか対応していないので。このアプリの良いところは、シンセのプリセットを保存・共有がしやすいところでしょう。

Cubasis3


iPadのみ対応だったCubasisが、3になってiPhone"にも"対応しました。ただ、iPhoneの画面で打ち込むというのをあまり想定してないような画面なので、打ち込み自体はすこしやり辛いと感じました。アプリのお値段も高め。デフォルト音源も個人的にはあまりテンションのアガる音ではありませんでした。
外部アプリによる拡張ができるのと、前述したGarageBandのような勝手にリミッターがかかってるみたいなことがないので、モバイル環境でミックスするとかいう場面では上記3つのアプリより強いです。ただモバイルDTM環境でパラデータを作るのも一苦労ではありますが……

モバイルDTMで使える音源

Poison-202


シンセ音源。プリセットで使える音色が大量に……!クラブサウンドで使いたい音源です。

Sensual Sax


真ん中のノブをひねればひねるほど音色がせくすぃ~になるサックス音源です。ちょっと扱いづらいかも?ただ音色の特徴がすさまじいので、うまく使えれば強い武器になります。

iSymphonic


オーケストラ音源。容量もバカでかいですが、モバイルDTMでこのレベルの音源が扱えるのか……!とびっくりするレベル。

Electribe Wave


KORGのエレクトライブアプリですが、外部音源としても使えます。これもクラブサウンドにめちゃくちゃ使える音源です。ウェーブテーブルシンセがモバイル環境で使えるって。

ミックスのためのアプリ

……は、あまりにも多すぎるので今回は割愛します。4pockets.comとAudio Damage製のアプリが優秀です、とだけ。

マスタリングのためのアプリ

Lurssen Mastering Console


イージーオペレーションのチートプラグイン。こいつに音源を突っ込んでプリセット選べばマスタリング終了!ってくらい簡単。モバイルDTMでこれ以上マスタリングにこだわりたいなら、さっさとPC環境に移行するべきってレベル。ただしそれだけお高い。

ボカロ曲を作るのに必須アプリ

Mobile VOCALOID Editor


これがないとはじまらない、通称モバボカ。ボカロを歌わせるために必要なアプリです。これだけでも一応はデフォルトにいるボカロで歌わせられますが、追加課金でストアにいるボカロをお迎えすることができます。だいたい1体2440円くらい(記事執筆時点)。

Audio Copy

上記アプリで歌わせたボーカルを、ファイルとして扱うため(別のアプリに読み込ませるため)に用いるアプリです。これ自体もアプリ内課金でサンプリング素材を購入できます。

むすび

今回はアプリの紹介のみに留めておきましたが、過去記事にはどうやってこれらを使えばいいのかもまとめてあります。併せてご覧ください。


【2019年版】iPhone・iPadで作曲するならこのツール!!14のアプリをまとめてみた。

iPhone・iPadだけで作曲できる時代になってから数年が経ちました。そろそろアプリのリリースも落ち着いてきた頃です( ...

デスクトップ用広告

  • この記事を書いた人

夕立P

2012年頃から音楽的な素養が全く無い状態からDTMを始める。それから少ししたくらいにアナログでのイラストを描くことも始める。 だいたい下手の横好きを自覚しながら、やたらめったに様々な創作分野・ジャンルを渡り歩き続けています。最近は文房具にお熱。わりとピーキーで辛辣なことも書きますので、当サイトの記事はあくまで一個人の考え方として捉えてください。 いま欲しいものリストはこれです。

-DTM, アプリ, グッズ紹介, 創作
-, , , , , , ,

© 2020 夕立ノート