DTM アプリ ガジェット グッズ紹介 作曲 創作 読み物

iPhoneだけでボカロPになろう!

更新日:

iPhoneだけでもボカロPになれる時代に既になっています。こんにちは、タチやん(@mofday)です。

iPhoneもといiOSはAndroid端末と比べて圧倒的に音楽・作曲系のアプリが多いです。その辺の事情は端末の問題にあるのですが、ここでは触れないでおきます。
とにかく、iPhoneひとつにそういうアプリを入れておけば、いつでもどこでもボカロ曲が(それも中々のクオリティのものが)作れるようになりました。

関連記事

iPhoneのモバイル作曲アプリの雑感を書いてみた

皆さん、スマートフォンはお持ちですか?そのスマートフォンはiPhone ですか?iPhoneの方、同志です。これからモバ ...

続きを見る


(2017年版)iPhone作曲はこれだけあれば大丈夫、なアプリを紹介するよ。

情報が古くなってきたので新たに書いてみます。こんにちは、タチやん(@mofday)です。 目次 関連記事そもそもこの記事 ...

続きを見る


【2018年版】iPhoneで作曲を始めよう!4つのアプリを紹介するよ。

iPhoneが必要という前提がありますが、それでも作曲が身近になったいい時代ですね。こんにちは、タチやん(@mofday ...

続きを見る


モバイルDTMにiPod touchが使えた!もっと手軽になるモバイルDTM!

いやよく考えたら同じiOSなんだからできるんですけどね。こんにちは、タチやん(@mofday)です。 ついにぼくの手元に ...

続きを見る


今までの記事でも結構紹介しているのですが、改めて「ボカロ曲を作りたい!」人のために、iPhoneユーザー向けではありますが色々書いてみます。経費は最低限のお金でボカロ曲を作りましょう。

用意するアプリ

最低限、以下の3つのアプリを用意してください。有料なのは実質、ボカロエディターだけです。

  • GarageBand
  • Mobile VOCALOID Editor
  • AudioCopy

これらを順番に説明していきます。

GarageBand

楽曲そのものを作るのに使います。別に曲が作れればこのアプリじゃなくてもいいのですが、ここで紹介しているのには別の意味もあります。ボカロ歌唱との音源のミックスです。

KORG Gadgetについて

音色や作曲のしやすさ自体はKORG Gadgetの方がやりやすい!という方も多いでしょうけど、あちらのアプリは取り込んだボカロの歌唱音源をそのまま利用するのにはやたらと手間がかかります。
具体的にはKORG Gadget内のガジェット「Zurich」で音源を読み込んでやるんですが、シーン毎に歌唱データの使用範囲を指定してやる必要があります。記事執筆時点ではこれがやたらとめんどくさいのでオススメしません。
使うとしたら、バックトラックを制作した後に書き出してGarageBand(またはMTRアプリ)でミックス……という手順になります。

ちょっと話が逸れましたが、GarageBandは現在、無料ですべての音源が利用できるみたいです。以前はあったApp内課金のComplete collection of GarageBand Instruments and soundsがアプリの説明からも消えています。それどころか無料で利用できる音源が増えましたし、即座にリズムトラックを自動生成してくれるDrummer、DJの様に曲を組み立てられるLive Loop、Audio Unit機能拡張Appであれば他社製の音源が使えるInter-App-Audioと、ここまでやれるのに無料でいいの?と目を疑うような機能が満載です。付属の音源「Alchemy」も強力なシンセなので、よほどリッチな音源を使いたい!というのでなければ困る場面は少ないと思います。

Mobile VOCALOID Editor

ボカロ曲を作る!というのであれば必須アプリですね。通常価格は4800円しますが、それに加えて追加音源ライブラリがだいたい2400円です(デフォルトで入っているVY1 Liteの上位版、VY1のみ1200円です)。
記事執筆時点での追加音源は以下の通り、32ライブラリあります。

収録されている音源ライブラリ

VY1_Lite、VY1(アプリケーション同梱の歌声ライブラリ「VY1_Lite」のフルセット版)、VY2、KYO(ZOLA PROJECT)、YUU(ZOLA PROJECT)、WIL(ZOLA PROJECT)、蒼姫ラピス、メルリ、Mew、ギャラ子RED、ギャラ子BLUE、CYBER DIVA、結月ゆかり 純、結月ゆかり 凛、結月ゆかり 穏、Sachiko、Megpoid Native、Megpoid English、unity-chan!、IA、IA ROCKS、Rana、Fukase JP、Fukase EN、v for flower、歌愛ユキ、氷山キヨテル ナチュラル、氷山キヨテル ロック、東北ずん子、miki ナチュラル、初音ミク、夢眠ネム。

実は後述するAudio Pasteがなくてもこちらのアプリの「iOS版GarageBandのミックスダウン後に~のアプリで開くに対応し、GarageBandで生成した伴奏を取り込み可能」なのですが、ミックスという点から見た時に流石に厳しいすぎるのであまりオススメしません。
「Audioファイルのコピーペーストを行うAudioCopy/Pasteに対応」とありますが、そのAudioCopyというアプリが無料なので、そっちを使ってGarageBandでミックスした方がいいです。欲を言うと更に良いアプリ(MTRアプリ)がありますが、そっちは有料で「最低限のお金でボカロ曲を作る」という記事の主旨に合わないので興味があれば各自で調べてください。

AudioCopy

先ほどから言っていた「ボカロの歌唱をGarageBandに移す」のに使います。また、サンプリング音源の大手業者であるLoopmastersとの提携で、自分の作品に利用可能なSound Packがあったりします。有料音源ですが、一部無料のものもありますので、気に入ったものがあれば使っちゃいましょう。

iPhoneでボカロ曲の制作フロー

  1. GarageBandで曲を作ります。ちなみにmidiデータは書き出しも読み込みもできないので注意してください。一応ボカロ歌唱のメロディラインもここで打ち込んで、ボカロエディターに読み込ませておくと、耳コピしながらボカロの打ち込みができるので作業が楽です。後からGarageBandの方の歌メロをミュートしておくのを忘れないように!
  2. Mobile VOCALOID Editorでボカロの歌唱データを作り込みます。
  3. AudioCopyでGarageBandにボカロの歌唱データを移したらミックスして楽曲の完成です。

注意事項

ボカロ音源の利用規約は、各ボカロで結構変わっていたりします。特にFukaseは利用規約がかなり厳しかったはずなので、音源の購入の際には声質のチェックだけでなく、規約についても調べておきましょう。

そもそも音楽ってどうやって作ればいいの?理論ってなに?

そういう方向けのテキストが無料で公開されています。『Music Planz(http://musicplanz.org/)』というNPO法人がミュージックプランツアカデミーにて使用しているテキストを公開しています。
http://musicplanz.org/academy/textbooks
Logic Pro Xについての記事も多いですが、作曲入門についてのテキストも前半に書いてありますので、ひとつ参考にするといいでしょう。

まとめ

最低限のお金だけで、iPhoneでボカロ曲を作る方法を提示してみました。
とはいえ、ぼく自身はオケを作るのをKORG Gadgetでやって、ミックスをGarageBandでやるというお金のかかる手法でやってしまっているので、他の方の作品ですが作例として挙げさせていただきます(厳密にはこの方もボカロ歌唱はPCでやっていたはずですが、だいたいこんなカンジの曲ができますよということでひとつ)。

ひとつ目は左手氏の作品『行≒為 / 初音ミク』です。

左手氏マイリスト(http://www.nicovideo.jp/mylist/58697136

もうひとつは、オケはKORG Gadgetですが純粋にiPhoneだけで作られているのはこちらですね。地球はかい爆弾氏の作品『【VOCALOID】Fragile【結月ゆかり】』です。

iPhoneを持っていればDTMでいつでもどこでも曲が作れる、ボーカルさんがいなくてもボカロがあれば歌モノも作れる。いい時代になったものです。ちなみに作りたいのがボカロ曲じゃなければ、歌モノでも(要するに生ボーカルですね)GarageBandひとつで作れちゃいますよ!!

あ!ついでにKORG Gadgetもよろしくお願いします。なにがよろしくなのかがわかりませんが。

『After Rain』

『夕立P 1st ALBUM』VOCALOID 結月ゆかり + IAアルバム『After Rain』
ロック×ポップス、デジタル×アナログ、テクノ×エピック。 様々なマテリアルを融合させた、新しくも懐かしい夕立Pの楽曲をVOCALOID結月ゆかりとIAがしっとり歌い上げます。iTunes等、各ストアにて販売中!
"夕立P" 1stアルバム VOCALOID 結月ゆかり + IA『After Rain』

目次 Information作品レビュー試聴クロスフェードデモTr.8 - ロングロード -Inch up-Buy Li ...

続きを見る

デスクトップ用広告

デスクトップ用広告

  • この記事を書いた人

タチやん

2012年頃から音楽的な素養が全く無い状態からDTMを始める。それから少ししたくらいにアナログでのイラストを描くことも始める。 だいたい下手の横好きを自覚しながら、やたらめったに様々な創作分野・ジャンルを渡り歩き続けています。最近は文房具にお熱。わりとピーキーで辛辣なことも書きますので、当サイトの記事はあくまで一個人の考え方として捉えてください。 いま欲しいものリストはこれです。

-DTM, アプリ, ガジェット, グッズ紹介, 作曲, 創作, 読み物
-, , , , , , , ,

おすすめ記事と広告

Copyright© 夕立ノート , 2018 All Rights Reserved.