Web お役立ち 創作

SSL化したサイトの、ニコニコ動画の動画埋め込み対応が楽チンにできたよ!(wordpressの場合)

投稿日:

ひとつひとつ手作業でやるハメになるかと思っていました。こんにちは、タチやん(@mofday)です。

いままでぼくが運営してきたサイトは、つい最近までSSL化をしていなくって、それをした際に「ニコニコ動画の埋め込み動画系が消えちゃってるぞ?」というのに気が付きました。


これとか。YouTubeとニコニコ動画の両方のプレイヤーを埋め込んでいたのですが、ニコニコ動画の方が消えちゃっています。

これはニコニコインフォによると

2017年11月7日(火)より、動画視聴ページ HTML5版にて共有ボタンからご利用いただける「動画埋め込みコード」がHTTPSに対応いたしました。

この変更によりHTTPSのWEBサイトにも動画の埋め込みが可能になります。

対応前に埋め込まれたコードは自動で切り替わらないため、HTTPSのWEBサイトにはコードの貼り直しをお願いいたします。
「動画埋め込みコード」HTTPS対応のお知らせ | ニコニコインフォ

とのことです。というわけで動画プレイヤーのコードを早急に差し替える必要がでていました。ひとつひとつ手作業でやっていくのだと、運営しているアマチュア音楽レビュー・エンタメサイト『R3Magazine』などは100記事以上もある中からやっていかなければいけないので、どうにか楽にできないかを模索したところ、あることに気が付きました。

こちら、ニコニコ動画の埋め込み動画プレイヤーのソースコードです。

よく見ると、単純にhttpからhttpsに書き換わっているだけですね。というわけでwordpressの場合は『Search Regex』というプラグインの力を使って、コードを書き換えてあげるだけで作業が完了します。

具体的にはこんなカンジです。

プレーヤー埋め込みコードの場合

Search Regexを使って、http://embed.nicovideo.jp/をhttps://embed.nicovideo.jp/に置き換えるだけです。

動画情報とサムネイル埋め込みコードの場合

こちらもSearch Regexを使って、http://ext.nicovideo.jp/をhttps://ext.nicovideo.jp/に置き換えるだけです。

これだけの作業でどうにかなりました。あるものは使いようですね。
もしあなたも自身のWebサイトをSSL化していたりした場合、この辺の見直しをしておいたほうがいいですよ!

デスクトップ用広告

デスクトップ用広告

  • この記事を書いた人

タチやん

2012年頃から音楽的な素養が全く無い状態からDTMを始める。それから少ししたくらいにアナログでのイラストを描くことも始める。 だいたい下手の横好きを自覚しながら、やたらめったに様々な創作分野・ジャンルを渡り歩き続けています。最近は文房具にお熱。わりとピーキーで辛辣なことも書きますので、当サイトの記事はあくまで一個人の考え方として捉えてください。 いま欲しいものリストはこれです。

-Web, お役立ち, 創作
-, , , , ,

おすすめ記事と広告

Copyright© 夕立ノート , 2018 All Rights Reserved.