トラベラーズノートの運用に、とっても使える文具2つを紹介するよ。

2020年2月4日

久々にいい使い方を見つけました。こんにちは、夕立P(@Yu_dachiP)です。
トラベラーズノート、もうすっかりぼくはモレスキンから離れてしまってこちらを使い倒しています。最近はちょっと傷も目立ってきたのでミンクオイルで手入れをしたりもしています。
そのトラベラーズノートなのですが、最近これをより使い倒すのにピッタリの文具を2つほど見つけてきましたので、ご紹介します。

トラベラーズノートに合う文具そのいち『下敷き』

カスタマイズ性が高く、多くの人がその"カスタマイズ沼"にハマってしまうほどの魅力があるトラベラーズノート。
ぼくはこのカスタマイズというのをまるっきりしていなくて、ほぼほぼプレーンな状態で運用しています。

ですが、このプレーンな状態のトラベラーズノートって、以下の弱点があるんですよね。

  • ハードカバーではないので、立って書く時にメモしづらい
  • ゴムひもを結んでいるでっぱりが存在していて、何らかの形でカバーしないと右側のページは書きづらい

この2番目の弱点は、リフィルを厚くしたりジッパーケースを使ってカバーすることである程度は克服できますが、1番目のハードカバーではないという事に関してはどうしようもありません。
また、ジッパーケースに立体物(ペンケース代わりにしているなど)を入れている方も多いかと思います。そういう場合も書き物がしづらいという場合があると思います。

そこで使うのが下敷きです。トラベラーズノートの販売店『TRAVELER’S FACTORY』にも専用サイズの下敷きはあるという情報はありますが、より確実なのはAmazonにあるトラベラーズノートサイズに作られているこちらの下敷きです。
[amazon_link asins=’B06XD1LPHM,B07P33G8FR’ template=’myTemplate’ store=’mofday-22′ marketplace=’JP’ link_id=’5da85be1-6f76-4d1b-9cf7-f4f0ed252cb3′]
この下敷きを使うことによって、メモ書きのしやすさがダントツに変わります。また筆圧も強くしないで済むので、書き疲れ(メモ書き程度では起こりにくいとは思いますが……)もしづらいです。

■下敷きの硬さのおかげで平面が保たれるので、ジッパーケースに立体物を入れている状態でもスムーズに書くことができます。
■表面はデザイン、裏面は方眼と定規というようになっています。

トラベラーズノートに合う文具そのに『ダブルクリップ』

ダブルクリップというのは、つまみの部分を折り返すことができ、かさばらないようにすることができるクリップです。バインダークリップとも言われていますね。
こちらはリフィルのしおり代わりや、ノートの「今は不要なページ」を閉じておくのに使います。
写真のとおり、今はまだ使わない新しいページを閉じておけるので、最新のページにすぐアクセスすることができます。
■このようにリフィルを挟んで閉じてしまいます。

■ぼくはパスポートサイズのノートにクリップを2つ使っています。

難点は、リフィルがちょっとシワっぽくなってしまうことでしょうか。こちらは気になる方はやらなくていいと思います。
ぼくは主に「もう予定を終えたスケジュール部分を閉じてしまうことで、スムーズに今後の予定にアクセス」できるようにしています。
[amazon_link asins=’B07C4G22XG,B082P176Q9′ template=’myTemplate’ store=’mofday-22′ marketplace=’JP’ link_id=’b173638f-73b2-47f7-956a-f8dc49c355a2′]

まとめ

こういった便利な文具を利用することで、よりノートを活用しやすくできます。ノートなんて使ってナンボのものですからね。
見た目のカスタマイズが愛着を増すためのものなら、こういった便利グッズによるカスタマイズはノート自身の利便性を高めるものです。
ぼくは見た目より実用性を重視していったタイプなので、これからも何か便利になりそうなものを見つけたら紹介していきたいと思います~。